【検証】お風呂のカビは漂白剤と片栗粉で落ちるって本当?目地に残った黒カビで試してみた!

こんにちは。検証の鬼・リリーです。

お風呂場のカビ取りをしてたところ、目地の部分にたくさんのカビが残ってしまいました。

突然ですがカビ画像が出ますので、閲覧注意です。

 

漂白剤と片栗粉でお風呂のカビを成敗!?

グヘぇ…ごっそり残っていますね。

この場合いつもなら、カビキラーをスプレーした後にブラシでこすって対処していました。

でもブラシをすると水しぶきが飛んできて危ないわ、ゴムパッキンだからなのか?なかなか落ちないわ…

スムーズに落ちない汚れにうんざり!

この厄介ものを素早く成敗できる方法はないものか?調べてみると、時間が経ったカビは根が張っているので「つけ置き時間を長くすること」が大切なんだとか!

そのためには、今まで使ってきたスプレー式のタイプでは、液が垂れてしまうのでカビの根本まで届きにくいとのこと。

 

そこで!

しっかり浸透させるために、漂白剤と片栗粉で作ったカビ取り剤が効く!という方法をみつけました。

初めてこの方法を知ったときは失礼ながら「世の中には色んな裏技があるけど、実際役に立ったことはあまりない。今回も同じニオイがする。」というのが率直なリアクションでした。

まあ仮にダメでも、失敗談としてブログ記事にしちゃえ!と思って検証してみたところ、

百聞は一見にしかず!試して大正解でした!

たまにはこんな事もあるのね!

というわけで、実際に試して良かったカビ取り剤の作り方とビフォーアフター写真を紹介します。

  

根の深いカビを落とす!漂白剤と片栗粉で作る方法

片栗粉と漂白剤を「1:1」の割合で混ぜるだけ

目地のカビを落とす時の目安としては、歯磨き粉くらいの硬さがオススメです。「のの字」に混ぜるのが大変だな〜と感じるくらいの方が、壁に付けた時に垂れてこないです。

 

かなりトロみのある感じに仕上がりました。

液体漂白剤を入れてから、片栗粉を足して調整してみて下さい。

「ねるねるね〜るね」みたいで楽しくなっちゃいました!もちろん食べられませんが。

ちなみに衣料用漂白剤「塩素系」を使いました。安いときは68円くらいで買えるやつです!コスパ良し!

 

付ける時のポイントは2つ!

乾いた状態で付ける

付着する部分が濡れていたら片栗粉が溶けてしまうので、水滴を拭きとってから付けてください。

②上からトントン叩くようにつける

ペンキのように塗り込むよりも、上からトントンと叩いてカビが見えなくなるように覆います。

 

液がちょっと垂れてしまいましたが…なんとか無事に付着しました!

このまま30分以上放置します。

 

【検証結果】漂白剤と片栗粉でカビは落ちた?

▲Before

 

▲After

シャワーで流しただけで、カビが落ちていきました〜!これはカンタン!嬉しい!

 

テンションの上がった私は、ほかの部分でも試してみました。

▼給湯器のスイッチ

 上の方に、ゴッソリと黒カビが整列しています…。き、き、気持ち悪い!

そもそも、何でこんな汚くなるの?って声が聞こえてきますね。

それはですね、若い頃からメイクや見た目にしか気を遣ってこなかったせいですね。ダメ女の末路です。

でも嫁となり母となったいま、少しずつ変わろうとしている次第であります。

▲液をしっかりと付着させました

 

▼30分後

▲シャワーで洗い流しただけで、この通り!

このあと軽くスポンジでこする事で、片栗粉もキレイに取れます。

いやー!これ、材料安くて効果がバツグンで、お気に入りになりました♡

というわけで、検証結果は言わずもがな大成功で幕を閉じました。

 スキマに入った落ちにくいカビにも、液ダレすることなくパックできるので根こそぎ取れていくようです。

良かったら是非試してみてくださいね!

  

検証の鬼による実験は、これからもつづく…