【検証】トイレタンク手洗い管の蛇口は100均ダイソーのクエン酸でピカピカになる?

こんにちは。検証の鬼・リリーです。

今日はトイレタンクの手洗い場を、100均ダイソー「クエン酸」でピカピカになるのか検証します。

水垢といえば酸性を使いますが、トイレの神様も呆れてしまうくらいの汚れが付いてるので、クエン酸だけで解決できるとは思えない状態です…。

そして予感どおり、素人の主婦が立ちむかう相手にしては強敵でした!

 

トイレタンクの手洗い蛇口をきれいにする掃除道具

実際に使ったもの

⚫︎クエン酸

⚫︎重曹

⚫︎メラミンスポンジ

⚫︎焦げ落としスポンジ

 クエン酸は100均ダイソーのもの

 

▲今回掃除するのはコチラ

水垢に黒ずみ、そして得体の知れない青色の汚れ跡があります。

この青い汚れは何なのか調べてみると、銅のサビの一種で「緑青(ろくしょう)」と呼ばれるものでした。

どう見ても有毒のオーラを放っているように見えますが、なんと人体に無害どころか防腐作用や抗菌効果があるんだそうです!

天然由来の成分が良い影響をあたえるなら、じゃあ自然体にこのままの姿でも良いって事になっちゃうんですけど…

これは参りましたね。でも見た目が気になるのでやっちゃいます。

 

トイレの手洗い管を掃除する手順

汚れレベルが高いので、いきなりスポンジでこすっても取れない場合にはこのようにパックすることをおすすめします。

クエン酸水をキッチンペーパーに拭きかけて1時間ほど置きます。

 

 手順2

蛇口をパックしてる間に、シンク磨き!

使ったのは100均ダイソーの「コゲ落とし」 

 

メラニンスポンジじゃ全然落ちなかったので、試しにコゲ落としで優しくこすってみました。

 

すると、少しの力でも黒ずみが落ちていきました!クエン酸スプレーをかけながら磨くと簡単に汚れが浮き出てきます。

※表面が傷つく恐れがあります。

 

手順3

最後はつけ置きしたキッチンペーパーをとって、メラニンスポンジで水垢をこすっていきます。

汚れが落ちづらい時は、スポンジに直接クエン酸をつけて磨きます。

ここが1番の正念場でした!「ひたすら根気強く」をスローガンにして頑張りました。

※クエン酸で磨き終えたら、仕上げに重曹スプレーをかけて拭き取ります。酸性から中和してあげることでサビにくい状態にするためです。

 

トイレの水洗い管はピカピカになった?ビフォーアフター画像

▲ビフォー

▲アフター

いやー頑張りました!

実際に1時間近く手を動かしたので、正直いうと簡単じゃなかったです…。 

小さな汚れが残ってしまったので、今回の仕上がりは75点!

日を重ねて完璧に近づけていきたいと思います。

何よりここまで汚れは溜めないこと、1日でも早く掃除することの大切さを身をもって知りました。

すぐに怠けてしまうダメダメな精神と汚部屋から抜け出しすために、こまめな掃除を積み重ねていきます。