【脱・汚部屋】玄関ビフォーアフター!まずはゴール設定を低く明確に

北の国よりこんにちは。

リリーです。

 

「脱・汚部屋」シリーズより

本日は玄関を掃除しました。

 

玄関の掃除ビフォーアフター

子どもが「ただいま〜」と

玄関の扉をひらくたび、

 

ああ!おおきく開かないで!

人様に見られたら恥ずかしいっ

 

と思いながらも放置していた、

玄関がコチラ。

↓ ↓

 

使いっぱなしの工具

2週間後に出すゴミの段ボール

 

まとまりのない物たちが

玄関を占領しています…。

 

夫が「明日はAmazonで注文した物が届くから」と言っていたので、

あわてて片付けることに。

 

 

【掃除後】

ふぅ〜。

とりあえずこれで、人が来ても恥ずかしくはないレベルになりました。

 

 

でも、なぜだろう?

 

終わってみればそれほど

時間のかからない掃除なのに、

 

どうして取りかかるまでに

いつもこんなに時間が掛かるの?

 

一度しっかり自問自答してみました。

掃除のゴール設定は低くても良いから「明確に」

自問自答の結果、どうやらわたしは

 

どうせ掃除をするなら、

華やかでおしゃれなインテリアにしたいわ♡

 

と思っていたことが判明。

 

それこそ雑誌に載っているような、

SNSで「いいね!」が集まるような、

高みのゴール設定をしていたんです。

 

これが災いの元でした。

 

実際わたしが住んでるのって、

「みどり色のコンクリート玄関」

 

そもそもこの色合いの中でどうすれば

調和のとれたオシャレな空間になるのか⁉︎

 

自分ではイメージが浮かばないまま、

でもフワッとした理想だけは高いまま、 

 

最終的な形は決まってないけど

なんか完璧にしたい」と思っていたんです。

 

そんな、ゴールのない迷路を「走ろう!」という気が起こるはずもなく、

いつまでも身動きできず掃除が停滞していたのです。

 

 

今回やっと重い腰をあげて掃除できたのは、

 

配達員の人がくるから、

恥ずかしくない程度に片付けておこう。と、

 

ゴール設定のレベルを下げたからです。

 

 

せめて汚い空間はリセットしておこう!

 

このくらいの

軽い気持ちで取りかからないと

わたしはいつまでも

汚部屋から卒業できません。

 

 

完璧主義はいったん置いといて、

 

おしゃれにできなくても

 

とりあえずモノを減らして

 

ホコリと汚れを落とすだけで

 

汚部屋はリセットされる!

 

『ゴール設定は低く明確に』

 

 

今日ゴールに手がとどく範囲内の

成功体験を積み重ねていこうと思います。

 

 

高い山をじわじわと登るように。

そしていつの日か、ご来光がみれますように。

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑↑
ポチッと応援してくれると
嬉しいです!