【旭川】橙ヤ本店は水からこだわったスープと炭火焼のチャーシューが絶品!【メニュー料金もご紹介】

旭川の橙ヤ本店に行ってきました。

▲約1分で見られる動画では、簡単に「橙みそ」と「しおラーメン」を紹介しています。

このような方におすすめの記事

  • 橙ヤのラーメンってどんな特徴があるの?
  • メニューや料金は?

という疑問をお持ちの方に向けて、旭川橙ヤ本店のメニューやラーメンの特徴をまとめました。

橙ヤのクーポンはこちらの公式サイトより

クーポンは印刷が必要です。

【旭川】橙ヤ本店のメニュー料金

  • しょうゆ(黒・白)¥780
  • しお ¥780
  • みそ ¥780
  • 橙みそ ¥830

人気メニューは「橙みそ」

店名が入ってますからね!橙ヤの推しメニューというのが分ります。

橙みそは20種類以上の素材が配合されている、辛さとコクのある味わいです。

ただ、子供さんや辛いのが苦手な方は要注意!

普通なら「辛みそ」に分類されるくらい、ピリッとした味付けになっています。

特に女性に人気の【梅しお海老しお】

梅しお/海老しお

  • 梅しおとんこつ
  • 海老しおとんこつ

特に女性に人気なのが「梅しおとんこつ」

私も何度かリピートしていますが、とんこつスープの上に梅肉と大葉がのっていて、この組み合わせがすごく合うんです!

梅肉を溶かしたとんこつスープに麺が絡んで、さっぱりとした風味でいただける一杯ですよ!

セットメニュー

セットの種類

  • 豚丼
  • 餃子
  • チャーハン
  • チャー丼

セットメニューを頼むと「味玉」か「ラーメン大盛り」のどちらかが無料になります。

ランチメニューではないので、営業時間内はいつでもオーダー可能◎

ガッツリ食べたい時にもってこいのメニューですね。

炭火焼きチャーシュー

つけ麺、中華そば、そして橙ヤ本店の限定メニュー「牛骨らーめん」があります。

数ある旭川のラーメン店でも、橙ヤのチャーシューは「臭みのない本格的な炭火焼き風」というのが特徴的で、チャーシューをたっぷり使ったメニューも多彩です。

橙ヤ本店のラーメンを実食レポート!

▲こちらはセットメニューの「しおラーメンとミニ豚丼」

無料で大盛りにしてもらいました!

まず豚丼は、はちみつ?水あめ?のような後をひく甘ダレです。

紅生姜が甘味を引きしめてくれますが、辛党の私にはNGでした。

が!子供や主人は「めちゃくちゃ美味しい〜!」とハマっていたので、好みが分かれる味ですね。甘党な方はぜひ!

しおラーメンのスープには魚介エキスが入ってるとのことですが、色んな素材がブレンドされているせいか魚介系の味は感じません。

これ、共感してくれる人もいると思うんですけど「優しいお茶漬けのような塩味」を感じるんですよね。

香りあぶらの風味や背脂も入っているのに、変な脂っこさも感じられず食べやすいです。

オリジナルの特注細麺

※中太の麺にも変えることができます。

縮れの少ない細麺って旭川ではあまり食べる機会がないのですが、喉ごしが良くておいしいー!

イチオシの橙みそを実食

橙みそ

見るからに辛そうですが、これがスタンダードな「橙みそ」です。

辛いのが大好き!という方は東光店で更に上のレベルも提供されていますが、

橙みそでも十分な辛みを味わえると思います。(そして個人的には本店の味がいちばん好き!)

具材は「白髪ネギ、カイワレ大根、にんじん、焦がしネギ、海苔、メンマ、チャーシュー」が入っていました。

▲20種類以上の素材が入ったスープ

こちらも背脂がのってますね〜!

豚骨ベースに生姜、にんにく、果物など色んな素材がブレンドされていて深みのある味わいです。

味が単調じゃないので最後まで飽きずに食べられました。

水は浄水器でろ過した水に竹炭を入れているそうです。

そして何といっても、チャーシューが美味しいのです!

少しでも獣臭があるお肉がNGの私ですが、橙ヤのチャーシューはまったく臭みを感じません。

3日仕込んだあとに備長炭で焼きを入れてるようで、炭火焼のような匂いがふわっと鼻を抜ける感じがたまらないです…

あぁ…また食べたくなってきました。

橙ヤは、他にたとえる系統のない「唯一無二のラーメン屋」です。気になる方は是非行かれてみてくださいね!

店舗情報

住所東旭川南1条1丁目(動物園通り)
TEL0166-36-5738
営業11:00〜21:00
定休日無休
席数52席(カウンター、テーブル、お座敷席あり)
駐車場18台
クーポンこちらの公式サイトより

※クーポンは印刷が必要になります。