【レトルトカレーおすすめ】銀座カリーはコクと深みがあっておいしい!ささやかな日常の幸せ

スーパーで偶然手にとって食べてみたレトルト「銀座カリー」が思いのほか美味しかったのでレビューします。

銀座カリー【中辛】

▲銀座カリー/ 200円くらい

箱のデザインは、昔の西洋を連想させられる感じでお洒落!

西洋には何のゆかりもない私ですが、どういう訳か懐かしい気持ちにさせられたので買ってみました。


沸騰したお湯に袋ごと5分

しっとりルーカレー

ご飯の下まで浸透しない「トロみ強め」のルーカレーです。

 

正直なところ期待値ゼロからの、口に入れた瞬間に広がるコクの強さに驚き!

ブイヨンがギュッと濃縮されているような味わいなので「カレーはコクのある濃口派!」という人には、もってこいの味だと思います。

そして、中辛でもけっこうスパイスが効いていて、ボンカレーの辛口?くらい辛みがある印象。

ただ、その辛みを上回るコクの深さに「ココイチ」で0辛しか食べない主人も美味しい!と完食してしまうのでした。

 

逆にサラッとした口当たりで薄味が好きな人には、塩味が強すぎてしまうかな?と思います。

かくいう私は「濃口派」ですが、銀座カリーは特別濃厚に感じます。

 

▼そんな時は

トッピング

焼き立てのハンバーグを味付けなしでトッピングしてみると、濃厚なルーがソース替わりになって味のバランスが保てました!笑


洋食屋さんでしっかり煮込まれたようなカレーを、レトルトでここまで再現してくるとは…!

ん〜、今まで食べたレトルトの中では間違いなく1番濃厚なカレーです!

 

というわけで、銀座カリー「濃厚な深み・コク」を期待する方にはオススメです!ぜひご賞味あれ。