畑貯金で最高の贅沢を味わう

コロナ禍の影響で「家庭菜園」が

ブームになってるみたいですね!

 

かくいう我が家も今年は、

トマト、キュウリ、えだ豆、葉物など

8種類の作物を育てています。

 

最初の肥料や苗代をかんがえると、

収支としてはプラマイゼロかな?

 

でも野菜を作る学びや楽しみを考えたら、コストパフォーマンス以上の贅沢が得られます。

家庭菜園で得られたもの

 

家族みんなで庭の畑を耕し、

肥料をまく。

 

 

何を育てようか?と

ワクワクして苗を買いに行き、

 

 

植える。

 

 

摘みたての野菜を料理して食べる。

 

 

新鮮な野菜はこんなにも水々しいの!?

というくらい美味しくて、

 

ご近所さんに配ると

めちゃくちゃ喜んでくれる。

 

とくに胆振東部地震の時は

スーパーから物や食料が消えて

いつまで続くか分からない停電のなか、

畑に残っていた食料が

不安を緩和させてくれました。

 

最初は節約として始めた菜園ですが、今では「無くてはならない」大切な生活の一部になっています。

 

水やり、草むしり、虫除け。

ちょっと手間ヒマかかりますが、

 

フレッシュな野菜を食べたらそりゃもう

やみつきです!

 

農耕民族のDNAが刻まれてるのでしょうか。

5才の娘がサラッと言いました。

家庭菜園って最高の贅沢だよね」

 

このとき見た娘の大人びた表情が、

頭から離れません。

 

今は「1,000万貯金」を目標に

節約する日々ですが、

家族がギスギスしないで暮らせるのも

家庭菜園ありきだな…と思います。

 

心を豊かにしてくれるものを日常に取り入れながら、コツコツ貯金する。

 

このライフスタイルを維持していきたいです。

 

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑
ポチッと応援してくれると
嬉しいです!