【恋愛エピソード1話】97年クリスマスイブの夜に

1997年、中学2年生だった小さなカップルが結婚に至るまでの恋愛エピソード第一話です。

時代背景

1997年(平成9年)

日本の携帯・PHSの普及率が20%未満の頃

今のようなネットサービスがない時代だったので、

メディアといえば『TV・ラジオ・雑誌・新聞・本』

この5つがメインの情報源でした。

中高生のトレンドはTVと雑誌と渋谷から生まれ、少ない情報ツールに大勢が集中したのです。

皆んながこぞって同じものを見て、同じものが好きだったといえる時代。

流行る=「爆発的な人気」を意味していて、特にエンタメ界はその傾向が強かったように思います。

 

メディアの影響力

人気ドラマの視聴率は25%超えが当たり前!

売れる歌手はミリオンセラー連発!

当時TVで活躍している有名人は強大なインフルエンサーでした。

話題の中心!憧れの的!真似したい人!のトリプルコンボ!

私は安室ちゃんの細まゆメイクに厚底ブーツを真似る若者…の方ではなくて、

はじけるような明るい歌声とダンスの4人組「SPEED」が好きで、

思春期の恋をテーマに歌った歌詞は当時中学2年生だった私の心にイマジネーションをもたらしました。

今はまだ彼氏はおろか好きな人もいない自分は、いつかこの歌詞の主人公のような恋ができるのだろうか?

 

この年の10月に発売された「White Love」の歌詞には、このような一節がありました。

著作権の関係で歌詞を書いてはいけないので、ニュアンスだけ伝えます。

どうやらその恋のはじまりは冬に舞い降りてきたらしく、

恋のキッカケは、この世の産物ではなく「天使」なるものが与えてくれて、

彼との切ない距離感を感じながらも、

神様に対して「どうか見てて下さい!はじまったばかりの恋は、永久に不滅です!プロミスtoラブ・フォーエバー!」と誓うのです。

中2のわたしは度肝を抜かれました。

恋愛にウブな年頃の女子が、大人をも退くほど常軌を逸した覚悟をもって「始まったばかりのこの恋を、相手を、永遠に大切にする」と神に誓ってしまうのですから。

この一連の歌詞を、多くの人はエンタメ、文化、詩の世界として受け流すことでしょう。

でもわたしは違いました。

 

この心情と、シンクロしてみたい。

純粋にそう思ったのです。

 

クリスマスイブの夜に

White Loveの歌詞とシンクロするためにはまず、

「天使」にキッカケを与えてもらうという、並大抵ではないハードルを越えなくてはなりません。笑

 

1997年クリスマスイブ。

満を持してこの日を迎えました。

天使の羽のごとく大粒の雪が降りしきるなか、

わたしは空を見上げ、両手を握りしめ、願いました。

 

サンタさん。クリスマス一生分のお願いがあります。つぎの恋を一生大切にするので、来年のクリスマスまでに彼氏がほしいです。

天使の存在をサンタに置換して、まっすぐな願いを込めました。

こうして文字に起こすと、小っ恥ずかしくなる言動の数々にめまいがします。

でも、あの時のわたしは至って本気!純度100%!無雑のハートで祈ったんです。

そして、この「願掛け」がなければ次に来る「あの試練」を乗り越えることは出来なかったでしょう。

 

新学期

サンタクロースに願いを込めてから3週間。

冬休みが終わって3学期が始まりました。

クラスにはいつもの顔ぶれが集まり、普段と変わらない学校生活のなか、

何の前触れもなく「その時」はやってくるのでした。

 

つづく

コメントを残す