妊娠中にできる鼻炎対策は?点鼻薬スプレーをしても良い?産科医に聞いてきた

1人目妊娠のときにも悩まされた鼻炎が、ついに発症してしまいました。

鼻炎においては妊娠前から悩まされてきたので、市販薬の「アレグラ」や「鼻炎薬」は常備していたんです。

妊娠中にアレグラとか錠剤の薬を飲むのはまずNGだろうけど、

点鼻薬に関しては1〜2滴を鼻にたらす程度だから良いのかな?

という謎の根拠を抱えて、妊婦検診でドクターに聞いてきました。

結論からいうと「市販の薬は得体の知れない成分が入ってるからオススメはしない」と言われたのです。

 

市販の点鼻薬は得体のしれない成分が混ざってる⁉︎

医師が処方する薬にくらべて、市販薬は薬効成分が薄く作られているのだそうです。また、そのように決められているようです。

薬が少ない分、他のもので効かせようとして得体のしれないものを混ぜて作られているのが市販薬なのだとか。恐ろしや…

なので市販の医薬品はオススメはしませんと言われました。

続けて、鼻づまりが辛いなら耳鼻科に行くか、産科の方でも漢方や抗アレルギー薬を処方することは可能ですけど、どうしますか?と聞かれたのです。

 

妊娠中に医師から処方される薬の影響は?

う〜ん。

とりあえず、市販薬と医師から処方される薬の違いは分かったけれど…

じゃあ医師が処方する薬は赤ちゃんに影響はないの?

というと、お母さんがちゃんと眠れて食べられてる状態なら、薬は飲まないに越したことはないよね。との見解でした。

その上で「希望があれば処方しますよ」というわけです。

つまり選択肢は自分に委ねられている…!

まあそうですよね…鼻づまりはちょっと辛いけど、ここ慎重になって薬は諦めました。

妊婦が鼻炎対策できるのは、もはや「マスク」くらいしかないのね…と思ったら、あったんです!

市販の医薬品ではない 「鼻のうがい液」なら、妊娠・授乳中でも問題ないとの朗報が…!

 

妊娠中の鼻炎対策にハナノアを使ってみた結果

▲鼻うがいの「ハナノア」

正直こんなのただの気休めだと思っていましたが(失礼)妊娠中にも使えるとの事で、さっそ購入してきました!

そしてこれ…もちろん個人差はあると思いますが、本当にビックリするくい鼻が楽になったんですよ。

 

開封したら、洗浄液をボトルに入れます。

 

あとはもう、勢いよく鼻に噴射するだけ!簡単です。

痛みはないのですが、一気に鼻の奥まで液が届くので最初はビックリしますが、大丈夫!すぐに慣れます。

鼻に入った液が喉から出てくるのでは?という心配も無用でした。

むしろ、洗浄液が鼻の穴から滝のように戻ってくるので「自分の画ヅラ」がコントみたいで笑えてきます。

ベジータ並みにプライドが高い人にとっては、屈辱的な行為ともいえるかもしれません。笑

が!

誰にも見せてはいけない姿を乗り越えた先は、これはもう最高です!!

鼻呼吸できてる〜♪気持ちいい〜♪

という爽快感に包まれることでしょう。実際に私も主人も包まれました。

 

鼻炎持ちの主人も最初は嫌がっていたのですが、滝のように流れる鼻水にとうとう我慢の限界がきて、嫁の私にゴリ押しされてハナノアを使ってみたところ、15分後にはすっかり症状が落ち着きました。

持続時間は4〜5時間くらいでしたが、それでもだいぶ楽になりました。

何より、妊娠中でも使える市販の鼻炎対策が見つかってよかったです!「ハナノア」想像以上にスッキリできました。