【生麺シリーズ】旭川みそラーメンよし乃は酸味と辛みのパンチが効いた味【本店との格差あり】

生麺シリーズより「ラーメンよし乃」のレビューです!

いやはや、、もう結論から言ってしまいますよ。

「辛くて酸っぱい味噌ラーメン」

これが正直な感想です。

決して毒舌ではないんです。

というか、よし乃に関してはちゃんと「本店」で食べてる生粋の旭川人です!

もちろん個人の感想ですが、ここまでお店と生麺の味に格差があるのは初めてなので、正直ビックリしました。

 

旭川みそラーメンよし乃生麺に合う具材とは?

オススメ具材は特に表示されていないので、このパッケージから「ひき肉・もやし・ネギ」を抜粋して作りました。

  

豚ひき肉の旨みが味噌に溶けこんだスープがバツグンに好き!

 

もやしはドドーンと1袋を投入しました。

もやしと味噌の相性も最高ですよね!

 

色濃いめの味噌を溶かしていきます。

 

うん!野菜のボリュームたっぷりでイイ感じ!

 

生麺よし乃を実食!

麺が見えないほど、野菜の山になった「よし乃みそラーメン」の完成!

我ながらに盛りすぎました。

  

いただきます!!

 

うん、冒頭でも説明した通り“酸っぱ辛い

これが口に入った瞬間の正直なファーストリアクションです。

見た目からは伝わりにくいんですけど…

みそラーメンなわけですから、

やっぱり「味噌のコク」がほしいなと思います。

もっというと「味噌の味」がほしいなと思うんです。笑

 

この味に近いものを想像するなら、キムチ鍋スープに少しだけ赤味噌を足したような感じ?ですね。

そういう味が好きな人のためにも、嫌いな人のためにも、パッケージに一言わかるように書いといてほしいんです。

 

コーンフレークの栄養五角形のように、

味覚五角形が書かれていると分かりやすくて良いですよね。

この図があるだけで、消費者に味の目安が分かります。

よし乃に限らず味覚のレーダーチャートをパッケージに載せてくれたら安心して買えるのにな…

と思いつつ、個人差があるので難しいですね。

どんな味だろう?って予想する楽しみ方もあるでしょう。

 

とはいえ「一応レビューに目を通す」方のためにも、これからも正直過ぎるレビューにまい進していきます!