【セイコーマート】ランチタイムに爆売れするHOTCHEFの人気「カツ丼」レビュー

北国よりこんにちは!

だいぶ世間に知られてきた北海道のコンビニ「セイコーマート」

北海道民が慣れ親しんだホットシェフの「人気No.1カツ丼」について食レポします。


セイコーマートの中にあるホットシェフとは?

セイコーマート店内で調理したてのお弁当を提供しているのが「ホットシェフ。」

取り扱いのある店舗には写真のように「HOT CHEF」と提示されています。

ホットシェフの特徴

⚫︎『カツ丼・大きなおにぎり・フライドチキン・ポテト』を中心に、カレーや定食など多数の出来たての味を提供している

⚫︎保温機能がついた棚の中に陳列されているので、買ってすぐにあたたかい状態で食べられる。

⚫︎ハーフサイズから大盛りサイズまで約350円〜600円くらいの値段で販売されている。

ホットシェフの圧倒的人気No.1【カツ丼の特徴は?】

出来たての美味しい味が多数ある中で、今回はランチタイムに売り切れになる事も多い「カツ丼」をレビューします!

お昼のタイミングに行って「あれぇ?もうないの??」と、肩を落とすこともしばしば…。



特徴は、しっとりとした衣

衣が立ったサクサク感ではなく、しっとりしているので柔らか〜な食感が広がるんです。

サクサク派の方もいると思いますが、我が家では5才の子どもから89歳の祖母まで皆んなが大好き!

味は濃すぎず、薄すぎず。

次から次にあっという間に食べてしまえる不思議な味付け…

祖母いわく「カツ丼なのに、もたれない。」んだそうです。笑



お肉の特徴

やわらかい。

それも、端から端まで均等にやわらかいんです。

若干の脂身は残されていますが、ギトギトしたカタい脂じゃないんです。

入れ歯の祖母と乳歯の子どもが「やわらかい」と言って食べているので間違いないと思います。笑


最大の特徴と謎⁉︎

ホットシェフのカツ丼には最大の特徴と謎があるんです。それは、

衣が剥がれたのをみたことがない。

ぴったりくっ付いてるんです。

カツ丼って、卵とじのところで衣が浮いてくるじゃないですか。(わたしだけ?)

この構造を解明して家庭で家庭で再現してみたい!と思って、箸でめくってみたことがあるんですよ。

まったく剥がれないんですよ。

そんなはずはない!と思って無理やり突いたらこじれたので、

このとき以来、剥がれない構造を解明するのはやめにしました。

 

衣が剥がれないセイコーマートのカツ丼を、ぜひ道外から来る観光の方にも食べてもらいたいと思います。

北海道まで行ってコンビニ弁当はナンセンス…と思われるかもしれません。

しかし、選択肢の末端部分でいいので入れておいて下さい。

もしこれを読んでいるあなたが北海道に来て、

海鮮丼やジンギスカンを軽やかにスルーして、

迷わずセイコーマートのカツ丼を制したとき、

伝説の誕生です!

道産子の血と杯を交わしたも同然です!

Hello brother!


 

なお、夜19時を過ぎるとカツ丼などの「ご飯系」が売り切れて、製造もされてない可能性が高いので

モーニングorランチが狙い目です!

ぜひご賞味いただけますように。

コメントを残す