【掃除に役立つ基礎知識】水回りの汚れは2種類!それぞれの対処法

汚れを知るものは掃除を制す!

というわけで、本日は水回りの汚れと対処法についてまとめます。

水回りといえばカビも生えてきますが、カビは「菌の属性」なので、今日は水回りの汚れに多い「水溶性の汚れ」の特徴と対処法をまとめています。

聞き慣れない言葉ですがほとんどの人が見たことがある、あの汚れです!

 

水溶性の汚れ主に2種類

水溶性の汚れは主に2種類あります。

白色水性汚れ

このように、水の中に含まれるわずかなカルシウムやマグネシウムが蒸発後に白く残る汚れを見たことがあると思いますが、これが白色水性汚れです。

 

一般的には「水垢」と呼ばれていますが、この水道の蛇口まわりに浮いてくるのも白色水性汚れです。

これらの汚れはカビの栄養物になってしまうので、早めの対策が必要です!

 

白色水性汚れにはクエン酸が効果的

 白色水性汚れに含まれるカルシウムはアルカリ性なので、酸性で洗浄すればOK!

軽い汚れであれば、クエン酸とメラニンスポンジで簡単に落とせます。

 

ピカピカの光沢が出来上がりました!

 

あまりにも白色水性汚れがひどい場合は、このようにクエン酸スプレーをつけ置きしてからじゃないと落ちにくくなる場合があります。

 

金属石けんカスにも注意

水に含まれるカルシウムやマグネシウムと石けんが混ざり合うと「脂肪酸カルシウム」「脂肪酸マグネシウム」へと変化して、金属石けんと呼ばれる汚れとして吸着してしまいます。

金属石けんは落とすのが本当に大変!

なので、石けん水は残らないように毎回しっかり洗い流すことが大切です。

 

茶色水性汚れ

水といっしょに流れた髪の毛や飲食物が、ヘドロのような汚れとして排水口や排水管のなかにたまったものが茶色水性汚れです。

 

茶色水性汚れの対処法

やわらかい汚れなので、水とブラッシングだけでもヌルっと落ちるのですが…

その見た目から、手がつけられない気持ち悪さとして苦手な人が多いですよね。

排水管には「流すだけ」で汚れを溶かすタイプの洗浄剤を使ったり、

排水口には粉末のまま重曹をふりかけるとイヤな臭いを防ぎながら掃除ができます。

工夫しながら乗り越えましょう!

後の始末が大変なことになる前に、定期的に掃除をするのが1番大切ですね。

  

まとめ

⚫︎白色水性汚れに含まれるカルシウムはアルカリ性なので、酸性(クエン酸)で汚れを落とすことができる

⚫︎石けんと水が反応すると「金属石けん」になるので、しっかり洗い流して予防する

⚫︎茶色水性汚れは放置すると食べ物や髪の毛が腐敗したイヤな臭いを放つのて、こまめに洗う

  

掃除に役立つ基礎知識〜ホコリを上手に対処する方法〜

2020-01-31

【掃除に役立つ基礎知識】3種類の油汚れの特徴にあわせた対処法

2020-01-31