【検証】雪平鍋の両面(内側・外側)の焦げ落としはクエン酸でピカピカになる?

こんにちは。検証の鬼・リリーです。

今日の検証は、雪平鍋の焦げ落としです!

▲実際に検証する鍋の内側は、こんな感じ。

買ってから5年くらい。手入れといえば、ほかの茶わんと同じように中性洗剤で洗うだけ!

気付いた時にはかなり汚れていました。

 ▲外側 

こびりついた焦げはクエン酸でキレイに取れるのか?

結論からいって、内側にはクエン酸、外側の焦げには重曹が有効でした!

雪平鍋の焦げ落としで使ったアイテム

ここにタイトル

⚫︎クエン酸

⚫︎重曹

⚫︎水

⚫︎メラニンスポンジ

⚫︎焦げとりスポンジ

 

雪平鍋の内側にはクエン酸

▲雪平鍋の内側の汚れに使うのはクエン酸です。

※重曹をつかうと黒ずみが増えてしまう可能性があります。

手順①鍋にクエン酸水をつくる→②メラニンスポンジでこする】

 

お水1リットルに対してクエン酸大さじ1杯をいれて、10分ほど煮込みました。

▲10分後

特に汚れが浮いてくるわけでもなく「本当に効いてるのかな?」と思い、箸でつついてみると落ちてきました!笑

次は内側をスポンジで磨き上げていきます。

 補足

鍋は乾きやすいのでクエン酸水を1カップほど別の容器に残して、つけ洗いするとスムーズです。

 

メラニンスポンジでこすると、スルッと汚れが落ちてきました!気持ちいい!

鍋の乾きが気になるので、スポンジにクエン酸水を足しながら磨いていきます。

 

 ▲メラニンスポンジは最終的に3個使いました

 

▲Before

 

▲After

だいぶキレイに仕上がりました!落ちづらいところもありましたが、5年分の汚れが10分で落ちました。

 

雪平鍋の外側の焦げには重曹を

▲雪平鍋の外側の焦げには重曹を使いました

  

沸騰した1リットルのお湯に、大さじ1杯の重曹をいれました。(もうすこし多めに入れた方が良かったかも!?) 

 

▲その上に焦げ付きの鍋を入れて、10分ほど煮込みました。

  

メラニンスポンジで磨きましたが、側面の焦げはスルッと取れやすいのに対して、底の部分はけっこう手強かったです。

重曹の量なのか?メラニンスポンジが弱いのか?外側の焦げは「20分」かかりました。

 

▲Before

 

▲After

 

底の網目がくやしいですね…歯ブラシを使っても取れなかったので、またリベンジしたいと思います。

 

満点とはいきませんでしたが、今回もキレイな掃除ができたと思います!

⚫︎雪平鍋の内側はクエン酸

⚫︎雪平鍋の外側は重曹

ざっくりと、ポイントはこの2つだけです!

あとはひたすら磨き上げていく「コツコツとした根気」さえ装備されていれば、誰でも簡単に出来ちゃうと思います!

 

というわけで、今回の検証は以上になります。

検証の鬼による実験は、これからもつづく…

コメントを残す